相続税について

財産の相続では相続税のことは避けて通れません。

どんな場合相続税の申告が必要なのか?どんな場合申告不要なのか?

相続税の計算方法や財産の評価方法とは?

相続税が支払い困難な場合はどうするか?分割はできるか?物納は可能か?相続税の節税は?

相続税をテーマにいろいろお役立ち情報を紹介します。

確定申告について

普通のサラリーマンはあまり気にする必要もなかった所得税の確定申告。近頃状況が変わってます。

医療控除など確定申告によって還付金が受け取れる場合もありますし、中には副業などで給与所得意外に収入があり確定申告が必要な場合もあります。

慣れない確定申告には戸惑うことも多いです。確定申告が必要か?確定申告するとどれだけ得か?面倒じゃないか? お役立ち情報を紹介します。 いろいろな疑問や不安に応えていければ幸いです。

* * * * * * * * * * * * * * *

投資と確定申告
低金利時代を迎え資産は貯蓄ではなく、投資によって運用されることが一般的になってきています。ところで、投資の場合対象とするものによって税制が変わってきます。株式などの場合確定申告が必要になる場合もあります。ただし、株の場合には特定口座という仕組みもありますので、確定申告を.....

アフィリエイトと税金
アフィリエイトで収入が発生するのは嬉しいことですが、年末近くなってきて気になるのが税金では無いでしょうか?一般のサラリーマンの場合、多くの場合アフィリエイトを含めた雑収入が1年(1月1日~12月31日)で20万円を超えると確定申告の義務が生.....

相続と遺産
相続税の対象となる遺産にはどのようなものがあるか知っておく必要があります。ちなみに、相続する遺産には負債も含まれるため、負債が上回る場合には相続を放棄することも可能です。資産の内容を確認して相続するかどうかの検討も大切かもしれません。ただし相続を放棄.....

相続人
相続人とは、財産などを継承する人のことです。相続については、遺言などで任意で決められる部分と、遺留分規定など法的に決まったものがあります。遺言がない場合の相続人は一定の範囲に限られます。 まずは、配偶者(妻、夫)、そして子供、親、兄弟などです。.....

遺言
遺言は本人が生前に残す最後の意思ですね。いろいろな内容が含まれていていいのですが、ここでは相続に関する部分について注目します。相続についてしっかり遺言を残すには、法的に有効である必要があるため、専門家に相談して書く事が大事です。また、遺言では決める事ができない、遺留分規.....

相続税の確定申告の期限
相続税の申告書の提出期限は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月目までです。普通は、被相続人の死亡の日の翌日から10か月目までとなります提出期限までに申告が必要か?どうかも含めて必要なことをすすめなければなりません。相続人の状況次第でのんびりはできませんね。.....

相続税の納税時期
相続税は、法定納期限(相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月目の日)までに金銭で納付することが原則となります。納付場所は銀行などの金融機関や所轄の税務署となります。ただし例外もあります。期限に遅れた場合は延滞税を追加して納付する.....

相続税の確定申告の場所
相続に関しては、遺産に係る基礎控除額を超える場合、その財産を取得した人は、相続税の申告をする必要があります。ちなみに課税価格の合計額が、基礎控除額以下の場合には、相続税の申告をする必要はありません。相続税の申告書は、被相続人の死亡の時における住所地を.....

相続税の分割納付(延納制度)
基本的に相続税の納付は、金銭で期限までに納付することになりますが、相続した財産の内容や金額によっては金銭での支払いが困難となる場合もあります。そんな場合は、一定の要件を満たしている場合には、相続税を年賦による分割で納付することができます。こ.....

相続税の物納制度
基本的に相続税の納付は、金銭で期限までに納付することになります。ところが、相続した財産の内容や相続税の金額によっては金銭での支払いが困難な場合もあります。そんなときには、一定の要件を満たしている場合に限り、相続税を年賦による分割で納付することができま.....

故人の確定申告
故人の所得税や消費税の申告書を相続人が、被相続人が亡くなったときの納税地を所轄する税務署に提出することになります。期限は被相続人の相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内です。通常は亡くなった日の翌日から4か月以内です。.....

相続財産の評価
相続財産の価額は、相続開始の時の時価で評価が原則です。家屋は固定資産税評価額により評価されます。土地(宅地)については、路線価方式と倍率方式という2つの方法があり該当するほうを利用します。上場株式など価格が不安定なものにも評価方法があります。例えば株価の場合、時価を評価.....

相続時精算課税制度
相続時精算課税制度とは、生前贈与も含めて相続財産など故人からうけとった財産にかかる税金を一体的に考えるものです。ですので、贈与時に既に支払った贈与税についても控除できたり、場合によっては還付されることもあります。.....

Copyright © 2007 確定申告と税金ガイド~相続遺言も~. All rights reserved